アーカイブ | 10月 2016

  • インフルエンザ感染防止のためのタミフル適正使用

    インフルエンザの治療薬は、比較的種類は少なく、その中にタミフルという薬剤があります。インフルエンザウイルスは、ヒトの体内に入り込こみ、細胞内で増殖し、そこから放出されることで増殖していきます。この薬剤は、ヒトの細胞内で増殖されたウイルスの放出を阻害する薬です。こうすることで、インフルエンザウイルスは増えることが出来なくなります。このため、タミフルはインフルエンザ治療薬として広く用いられております。しかし、このような仕組みであれば、感染防止のために使用しても効果が上がるのことは容易に想像できます。タミフルは、感染した場合以外にも、感染防止のために使用することが厚生労働省によって認められています。成人あるいは体重が37.5kg以上の小児であれば、通常は1カプセルを1日2回に服用し、計1日2カプセルを5日間服用することとなっております。これに対し、感染防止のために使用する場合は、1カプセルを1日1回に服用し、計1日1カプセルと治療用量の半分の量を7から10日間服用することが認められています。しかし、感染防止を目的とする場合は適正に使用される必要があり、単に予防したいために使用することでは、保険請求上、適正であると認められないかもしれません。高齢であることや肺疾患にかかっているなどの具体的な理由が必要です。これであれば、明確に適正であると言えます。まったく理由がなく、ただ予防したがために、国民の保険料を利用することは出来ないためです。単に予防する目的である場合は、完全に自費である予防接種の範疇になります。具体的な理由については医師の診断に基づいて、その必要性が推し量られるため感染防止にタミフルが利用できるかできないかは、診断結果次第です。したがって、まずは病院あるいは診療所にご相談する必要があります。