抗ウイルス薬タミフルの値段と世界的流行

タミフルはインフルエンザの特効薬といわれるほど非常に強力な抗ウイルス薬です。インフルエンザウイルス自体、現代社会においてもっとも影響力のある感染症の一つであるといえるでしょう。インフルエンザはウイルスの型の変化が非常に早く、年を重ねるたびに形質を新たにしており、インフルエンザと抗ウイルス薬の戦いは今でも続いています。季節性のインフルエンザウイルスに対しては、タミフルは現状最も有効な対抗手段ですが、日本に於いては若年者の異常行動などの健康被害が報告されており、タミフルの抗ウイルス薬としての地位は近年大きく低下しました。しかし、それでもなお値段の安価さや即効性などのように多くの魅力があるが故、タミフルはインフルエンザの特効薬として認知されています。
抗ウイルス薬の値段は、一見するとあまり関係ないようにも思われますが、薬剤として安価であるということはそれだけ流通しやすいということで、世界的なパンデミックが発生した際の備蓄用の抗ウイルス剤として有能であるということです。インフルエンザウイルスの進化は毎年のように起きるのですが、鳥インフルエンザウイルスの人から人への感染のように新しい完成経路が発生してしまうと、ワクチンが出回るまでの間は従来のタミフルなどの薬品が主力として利用されます。現状鳥インフルエンザに対してもある程度は、タミフルは有効な作用を示すことが確認されておりこうした新インフルエンザウイルスの世界的な爆発的流行の初期対応としてタミフルなどの存在意義が高まっています。値段は薬の質として、個人的に利用する分にはあまり気にならないかもしれませんが、実はより広い意味合いを持っているのです。